藤沢あおいけあ小規模多機能型居宅介護施設8 -草だんごの会と施設利用風景-

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。ブログでアップしている内容が時系列でなくなっておりますが、6月3日(土)、「あおいけあ」さんを家族で訪問しました。

小規模多機能型居宅介護施設「おとなりさん」が完成して、運営が開始してから初めて伺うことになります。

午前中に都内で用事があり、現地に伺えたのが午後3時を回っていました。ちょうど草だんごの会は終わってしまって、片付けがはじまっていましたが、「まだまだ祭りは終わらない」という感じで、多くの人で賑わっていました。

20170603あおいけあ-1.jpg

今回は、「おとなりさん」で活躍されている方々をご紹介します。

ちょうどその二日前に、2階の賃貸住戸の一室を改造した『亀井野珈琲』というカフェがオープンしたばかりなので、まずはそちらへ。

20170603あおいけあ-3.jpg

手作り感溢れる内装に手淹れの珈琲の香りが漂っています。

20170603あおいけあ-7.jpg

そんなお店のテーブル席にいらっしゃいました。あおいけあの代表の加藤忠相さん。このブログでは、はじめての顔出しになりますね。

小規模多機能型居宅介護施設をはじめとして、介護業界のトップランナーとして走り続けられている方です。この施設と加藤さん自身をモデルにした映画『ケアニン』も公開され、介護業界にイノベーションを起こしている本人です。

この日のためにと、新品のスターウォーズTを着て、さわやかな笑顔を見せてくださいました。ちなみに加藤さんは、スターウォーズオタです。

20170603あおいけあ-5.jpg

加藤さん、美味そうなフレンチトーストを注文。あんまり美味しそうなので、僕たち夫婦もいただきました。しっとりじんわり濃厚で、ボリュームもあってたいへんおいしかったですよ。

20170603あおいけあ-8.jpg

この『亀井野珈琲』を営まれているのが、こちらのおふたり。写真向かって右の美容師の前田さんとバリスタの山口さんは、「me-mO」というユニットを組まれています。今までは無店舗で、例えば介護施設を訪問して、利用者さんの髪を切られたり、珈琲を淹れられたりしていました。もちろんその活動は今でも続けられていますが、今回はじめてこの建物にカフェを開かれました。

加藤さんがおふたりと一緒に写真に撮られることを頑に拒んだイケメン枠としても、「あおいけあ」さんを支えていらっしゃいます。

山口さんの手淹れのドリップ珈琲が美味しいのはもちろん、デザートなども充実していて、オープンして間もないですが、住宅街の穴場スポットとして多くの方に利用されています。

20170603あおいけあ-12.jpg

さてさて、1階に場所を移して、もうひとり、忘れてならないのがこの方。「あおいけあ」さんの食事を一手に担われていて、今回施設利用者さん以外のどなたでも食事を摂れるようにと、「おとなりさん」の1階に『菜根や』という和食を中心とした食事どころを開かれた希さんです。

元々は、鎌倉にお店を開かれていて、同時に「あおいけあ」さんでも料理を振る舞われていたんですが、『菜根や』の開店もあり、こちらをメインに腕を振るわれることになりました。

実はまだ僕は希さんのご飯をいただいてないんです。今度はお昼に間に合うように伺って、是非ともご相伴にあずかれればと思っています。

お魚はその朝知り合いから届けられるので、その日の献立が何になるか分からないことも。お聞きしたところによると、ランチにアワビのお造りが出たこともあるんだとか。うらやましいです。それにしても希さんの包丁さばき、かっこいいですね。

で、ここにもいた、スターウォーズT。

加藤さんと希さん、絶対合わせましたよね。どんだけなかよしか。

20170603あおいけあ-6.jpg

「おとなりさん」も運営がはじまり、使われる方の手が入ってどんどん素敵になっていきます。

認知症の高齢者施設であるけれど、それはこの小さな村のひとつの側面であって、認知症の高齢者の方も大人も子どももいろんな人が心地よく居られる、ぶらりと立ち寄れる社会に開かれた環境が生まれています。

僕はこの光景をとてもいいなあと思うんです。

そんな環境づくりに微力ながらもお手伝いできたことを本当に誇りに思っています。

20170603あおいけあ-11.jpg