HOUZZ取材 山梨県中央市の家を訪問しました

  • 投稿日:
  • by

こんにちは。

夏以来の投稿で、まだ少し頭がぼんやりしています。夏は義弟の赴任先のシンガポールへ、実に新婚旅行以来の海外を楽しんできました。

それ以降、脳内常夏状態になってしまったのか、なんだかあっという間に10月になってしまいましたが、またいろいろな切り口でブログを更新していきたいと思っています。

さて、久しぶりの投稿です。

僕たちが設計監理しました山梨県中央市の住宅が、HOUZZで特集記事を組んでもらうことになり、施主ご夫婦へ竣工後のご挨拶も兼ねて取材に同行してまいりました。

竹野邸HOUZZ1.jpg

こんにちは。ブログでアップしている内容が時系列でなくなっておりますが、6月3日(土)、「あおいけあ」さんを家族で訪問しました。

小規模多機能型居宅介護施設「おとなりさん」が完成して、運営が開始してから初めて伺うことになります。

午前中に都内で用事があり、現地に伺えたのが午後3時を回っていました。ちょうど草だんごの会は終わってしまって、片付けがはじまっていましたが、「まだまだ祭りは終わらない」という感じで、多くの人で賑わっていました。

20170603あおいけあ-1.jpg

野口修アーキテクツアトリエ設計『白子の家』完成写真

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは。

この春、千葉で活躍されている建築家でお友達の野口修一(野口修アーキテクツアトリエ)さんが設計された千葉県南房総市にある戸建住宅が完成しました。

この『白子の家』は、若いご夫婦とふたりのお子さんの4人が暮らす平屋のお家です。千葉の木をふんだんに使った、開放感があり、けれど陰影に富んだそのお家は、まるでずっと昔からそこに建っていて、ご家族の生活を見守っていたように感じられます。

これだけ木をふんだんに使って、木なりの素朴さをまとっているにもかかわらず、決して野暮にならず洗練された佇まいは、細部まで設計の手を施したことによるものだと、実際目にしてみて分かります。

今回野口さんから完成写真の撮影のご依頼いただきました。僕としては他の設計者さんが設計された建築を撮影させていただく初めての機会となります。撮影に当たって自分に課した課題は、陰影をとらえながら、建築の持つ空気感を表現することでした。

『白子の家』の完成写真をここにアップしますので、この木造の平屋を楽しんでいただけましたら幸いです。

白子の家外観-001.jpg